赤ちゃんの肌に起こりやすい乳児湿疹の症状|清潔と保湿が大事

移動に便利

ベビーカー

ベビーカーは赤ちゃんを運ぶことができる道具としてとても便利なものですが、いろいろなものを置くことができるメリットもあります。また、選ぶときには生活をしている環境やライフスタイルに合わせて使いやすいものを選択するのがよいです。

More Detail

用意したいベビーグッズ

哺乳瓶

哺乳瓶は種類によって乳首部分の品質が異なります。生まれたばかりの赤ちゃんは吸う力が弱いですから、ミルクが出やすい製品を買いましょう。哺乳瓶は赤ちゃんの健康を左右しますので、小まめに消毒する必要があります。

More Detail

紫外線ダメージの予防方法

赤ちゃんと母親

赤ちゃん用の日焼け止めは皮膚の負担にならないよう、SPFの弱いものを選ぶのが正解です。具体的にはSPF15前後の日焼け止めを選ぶと安心です。皮膚が薄い赤ちゃんは、大人よりも紫外線の被害を受けやすくなっています。将来の皮膚がんやしみ、そばかすを予防する目的で日焼け止めを使いましょう。

More Detail

赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃん

清潔が重要

乳児湿疹は赤ちゃんに出来る湿疹全般を指しています。大人とは違い汗をかきやすかったり、食べこぼしに気づかずにそのままにしておくことも乳児湿疹を引き起こす原因となっていますが、赤ちゃんの肌が大人に比べて薄く、さまざまなトラブルを引き起こしやすい状態なことも乳児湿疹を引き起こす理由となっています。赤くかさかさになってしまったり、かゆみを伴って腫れを引き起こしてしまうこともあります。新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹などの名称がついていますが、基本的にはこれらの乳児湿疹は一時的なもので、皮膚を清潔に保っていれば沈静化していくことが多いのが特徴です。数か月清潔を保って治療を行っていても改善されない場合には、アトピーだと診断されることがあります。

母乳も重要

乳児湿疹を防ぐためには何よりも赤ちゃんの清潔を保ち、汗をかいたまま、食べこぼしがついたままにしておかないことが大切です。またこれらのケアと同時に、お母さんの食生活の見直しも同時に行ってみることをおすすめします。お母さんの母乳から栄養を摂取して成長している赤ちゃんにとって、母乳の成分は重要です。しかし糖分や脂っこいものを食べた場合にはそれらが母乳に反映され、その母乳を赤ちゃんが摂取することになります。身体のバランスを整えて強い肌にしていくためにはバランスの取れた栄養が必要になるという点は赤ちゃんも同様です。赤ちゃん自身の清潔を保つことと同時に、お母さんの食生活を整えることが赤ちゃんの食生活を整えることに繋がり、乳児湿疹の予防につながって行きます。